登大遊(のぼりだいゆう)の中国人?天才プログラマーの経歴が気になる!【情熱大陸】

すごい一般人

こんにちは、ちび助です(*´Д`)

今回はコロナでのリモートワークを

スムーズに移行できるようにシステムを

創られた登大遊さん!!

そんな登さんを見てどこの国の方なのか?

経歴などが気になったので調べました!

登大遊(のぼりだいゆう)とは?

そもそも登大遊さんとはどんな人なのか
気になって調べました!

登大遊プロフィール

誕生日…1984年11月17日
学歴…筑波大学大学院
趣味…ドライブ、読書、映画鑑賞、
インターネット、ゲーム
という事が分かりました(*’ω’*)

登さんは小学生の時から
プログラミングを始めたそうです。

当時周りの友達はファミコンをしていて
登さんは買ってもらえなかったので
家にあったパソコンで遊ぶようになったことが
プログラミングのきっかけだそうです。

スポンサーリンク

登大遊の国籍は?

登さんの第一印象が
中国人?台湾人?という
印象を受けたので国籍などを
調べてみました(*’ω’*)

登さんの出身地は
兵庫県尼崎市でした!

そして中国出身や台湾出身などの
情報はありませんでした!
登さんは日本人ですね!

名前が特徴的なのでそこも
中国人、台湾人を連想させるかなと
思います(*’ω’*)

登の苗字は広島や徳島などで
使われることが多いそうです。

また、大遊という名前も
見かけることが少ないので
そこから連想した可能性があります!

スポンサーリンク

登大遊の経歴は?

小学2年生からプログラミングを
続けている登さん。

筑波大学に進学した後に開発した
プログラミングの【ソフトイーサ】
開発しました(*’ω’*)

このプログラムはIPA(情報処理推進機構)
優秀プログラムとして認められていて、
登さんもこの機関でサイバー技術開発室室長
勤めていました。

このソフトはコロナで在宅ワークを
円滑にできるようにした基盤のソフトで
このソフトがあったことで緊急事態宣言後
2週間というスピードでソフトをリリースできた
とお話しています!

また他にも筑波大学の准教授
自身が立ち上げた会社「ソフトイーサ」の
代表取締役になっています。

昨年からはNTT東日本に就職して
プログラム開発をしています。

様々な場所で活躍されています!

スポンサーリンク

まとめ

今回は天才プログラマーの

登大遊さんのまとめでした!

プログラムはコツコツやるもので

粘るから違う見方ができるといわれていて

感動しました。今後も応援しています!

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました