参考書マニア有江晴彦がおススメする参考書は?分かりやすい参考書の見分け方は?【マツコの知らない世界】

すごい一般人

こんにちは、ちび助です(*´Д`)

今回は「マツコの知らない世界」で

紹介された受験参考書の世界の紹介者の

有江晴彦さんが気になって調べてみました(*’ω’*)

参考書博物館 館長 有江晴彦とは?

こちらの動画でお話されていますが、

簡単なプロフィールはこちらです(*^^*)

生年月日…1970年代

年齢…50

特技特撮を見ること 小門真人のモノマネ

卒業学科史学科 日本近代史専攻

本業システムエンジニア

になります(*^^*)

今までに集めた参考書の数は

1万3000冊以上とのこと!

その参考書を管理するための倉庫

借りているそうです(*’ω’*)

スポンサーリンク

どうして参考書を集め始めたの?

 

参考書って絶版とかになるのが多いそうです。

なので、その参考書を完全になくさない為に日々集めているそうです。

参考書は今のものが絶対良い!!

というわけではなく、

過去の参考書の中にも

今に繋いでおきたい参考書が沢山あるのですが、出版社の関係だったり作者の関係で

残らないものが多いとのことです。

なので参考書に関しては

良いものだから残るというものではない。

ということを痛感しているので、

過去の名品を絶版にしない為に

日々、古本屋さんやネットオークションで参考書を見て回っているそうです。

スポンサーリンク

ためにならない参考書の見分け方は?

数々の参考書を見てきた有江さんが

地雷本の見分け方をお話されています。

 

1、出版社をしっかり確認

これは出版社によって理数や文系に強い出版社があります。

その中で主に理数系の出版社が急に1冊だけ

文系の参考書などを出している場合があります。

その場合は寄せ集めの内容になっている場合があり、本当に押さえておきたい要点が押さえてない場合があるそうです。

 

2、本のタイトルが過剰なものや自費出版のもの

「これで完璧」や「これ1冊で」などの

煽り系のモノは

あまりおすすめしないとのことです。

参考書にも得手不得手があるので1冊で

すべて大丈夫というのは

不安要素が多いそうです。

 

3、沢山書いている作者の参考書

沢山書かれている人の場合は内容が

水増ししていて

薄っぺらい内容になりがちと言われており、

為になる部分としては

少し物足りないのではと話されています。

 

4、著者が学生

参考書を学生が出す事にも驚きましたが、

現在は結構あるようです。

もちろん個人の勉強の仕方なので

1つの例として考えるのはアリだそうですが、

参考書として勉強するという部分では

内容が薄くなっていて

おすすめはできないそうです。

 

5、初めて書く作者さんの参考書

初めて参考書を書かれる際は力が入りすぎて

内容がアウトローになっていくケースが

多いようです。

なので、すごく膨大な量を詰め込んでいることが多いのですが

この内容がわかりやすいと感じると

知識量がぐんと増えやすくはなるので

あながちおススメしないわけではないのですが、

ギャンブル性が高い買い方にはなるそうです。

スポンサーリンク

おすすめの参考書の見分け方!


今度は買ってみてほしい参考書の内容になります。

 

1、処女作の参考書

これは上の最後の部分と似てきますが、

処女作の場合は内容をしっかり書き込むので

参考書を見た時に自分が面白そうと感じた場合は

知識が吸収しやすい場合があるそうです。

 

2、一色刷、フルカラー以外の参考書

あくまでも参考書は自分が書き込んだり、

知識をどこまでやったかを確認しながら

行うものだったりも

するので、要点が分かりにくいものや

色を使いすぎていると

自分なりに書き込むことがしにくい為、

上の2点以外のものがおススメです♪

 

3、内容が1ページ完結のモノ

これは勉強する内容が何ページにも

わたっていると勉強しにくいので

開いて1ページに内容が収まっていること

もしくは、見開きで完結しているものだと自分が

内容を確認する際もわかりやすいので

おすすめだそうです♪

スポンサーリンク

まとめ

今回は参考書マニアの有江さんが伝える

参考書の見つけ方などをお伝えしました(*’ω’*)

参考書って本当に種類があるので

どれを選んでいいか

分かりにくいですが例があるといいですね♪

少しでも参考になったなら嬉しいです!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました