【佐津川愛美ってどんな人?】性格や芸能界入りのきっかけを紹介!

トレンド

こんにちは、ちび助です!

今回は女優【佐津川愛美】さんについて

まとめていきます!

沢山の代表作がありますが

どうして芸能界入りをしたのかなどを

まとめていきますね!

佐津川愛実ってどんな人?

佐津川愛実さんは静岡県出身で

1988年8月20日生まれのO型。

身長は152㎝と小柄ですが、

特技が新体操という運動神経抜群の女優さんです。

そして、新体操では

新体操東海大会で個人3位

ジュニアオリンピック新体操全国大会に

出場し、個人成績24位とすごい経験をお持ちです。

 

ご自身では自分の性格を

好きなしか続かない性格で

唯一続いているのが新体操とお仕事と

いわれているぐらい

好きなことにはとことんやりこんで

興味がないことはすぐ飽きてしまう性格とおっしゃっています。

芸能界に入ったのは「スカウト」

元々芸能界に興味があったわけではなく

14歳の時スカウトで声をかけられたのがきっかけでした。

 

そして、高校入学と同時に静岡から東京へ

所属事務所はホリプロ。

 

たくさんのオーディションを受けながらも

ずっと女優さんになりたかった人と比べると

何もアピールするものがないなと一歩引いて

オーディションを受けていたそうです。

だからこそ、どこか他人事のような感覚に

なっていてオーディションの合格を聞いて

「周りからよかったね。」「おめでとう」といわれると

他の人が受かったほうが良かったのでは?と

思ってしまうほどだったそうです。

 

でもそんな佐津川愛美さんの転機になった

作品が「蝉しぐれ」

これは市川染五郎さんや木村佳乃さんが

出演しており、その木村佳乃さんが演じる

ふくという女性の少女時代を佐津川愛美さんが

演じました。この時に、お芝居の魅力に気づき

演技について考え向き合うきっかけになった

作品といわれています。

沢山のスタッフさんが現場で数ミリ単位での

調節をしていたり、モニター越しでみる自分の演技に

自分の周りでは作品に対して妥協しないプロの方が

沢山いると思った時に自分もプロの仲間になりたいと

思って演技に対する思いが決まったそうです。

 

またこのことをきっかけにお芝居に

向き合っていき、

「腑抜けども、悲しみの愛をみせろ」では

新人ブルーリボン賞の助演女優賞に

ノミネートもされています。

代表作品は?

主に映画の出演が多く

映画では

「蝉しぐれ」

「海と夕陽と彼女の涙 ストロベリーフィールズ」

「コンフィデンスマンJP ロマンス編」

などがあります。

ドラマ作品では

「おっさんずラブ in the sky」

「ギャルサー」

などがあります。

 

ちなみにちび助が佐津川さんを知ったきっかけは

当時聞いていたONE☆DRAFTさんの

「アイヲクダサイ」のミュージックビデオに

出演されていたので、ドラマを見て

どっかでみたことあるなという記憶になり

調べていました。笑

 

佐津川さんは毎年ドラマや映画、演劇、朗読など

幅広いジャンルで活躍されています。

毎年何かの作品に携わるというのは

芸能界ではすごい事なんじゃないかなと

個人的に思います。今が旬といわれる

女優さんが出てきたりする中で

それでも変わらずに沢山の場所で

活動されていることが素敵だなと感じます。

まとめ

今回は女優の佐津川愛美さんについて

まとめてみました!

沢山の作品に出演されているので

これも出てる!あれも出てたんだ!と

気づくことがあったので

改めて見てみようとも思いましたし、

私個人的に元AKBの前田敦子さんに似ている

雰囲気もあるので可愛い中にも芯がある女性の

印象をうけます。また、役柄のバリエーションが

沢山あるので引き出しが多い方だなとも

思っています。

そんな魅力溢れる佐津川愛美さんのまとめでした!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました