宝福了悌(ほうふくりょうてい)は何者?高校生でさだまさし論を書いた理由や高校はどこ?【あいつ今なにしてる?】

こんにちは、ちび助です(^^)/
今回は高校生でさだまさしさんを
とことん調べつくし、さださんが
認めたほどの知識量を披露した
天才高校生は誰なのか気になって調べてみました!

さだまさし論を書いた理由

 

この投稿をInstagramで見る

 

さだまさし(@sada_masashi)がシェアした投稿

まず、さだまさし論の正式名が
『さだまさしに見る日本語再発見~現代日本語の問題点~』

もうタイトルからしてドキドキしますね。
論文内容の序文にはどうしてさださんを調べる
きっかけになった内容が書かれています。

さださんの歌詞には古典文学などを用いて
その情景を思い出しやすくしているのではないかと思った。
今の日本人は言葉を簡単にしすぎてしまって
本来の日本語の素晴らしさを忘れてしまっている気がする。
日本語の素晴らしさを伝えるために研究している。
という内容が書かれています。
さださんの曲にはたくさんの言葉が散りばめられています。
その語彙は古典文学などから語彙を勉強して
その内容を歌詞に起こしていると感じたそうです。
そこから日本語の素晴らしさを再認識したそうで、
さださんの研究を始めたそうです。
この研究をしている時は毎日ずっとさださんの
曲をずっと聞きまくっていたそうです。
その中で気づいたことを卒論でまとめていったそうです。
この卒論はさださん本人にも読まれていて、
さださんがNHKでされている「今夜は生でさだまさし」でも
紹介されたそうです(*^^*)
全部で75ページあり、さださんも絶賛した卒論でした!
[ad]

宝福了悌(ほうふくりょうてい)とは何者?

現在は23歳になってい了悌くんですが、
そもそもどんな方なのでしょう?

インスタやツイッターはされていましたが
鍵アカウントで情報などは公表されていません。

ただ、都内の高校という情報があるので
東京都で卒業論文がある高校を卒業したと推測できます。

高校で卒業論文がある高校の多くは
1、課題研究などがある総合学科のある高校
2、大学付属高校
3、中高一貫校

などが多いそうです。
理由として卒業論文を作り上げるのに構成など
話し合って進めていくので最低でも1年から2年時間を使うので
授業的に進めやすい高校でしか行っていないようです。

1番目の総合学科のある高校を卒業していたとしたら
都内では15校あります。
そのうち論文があると書かれていた高校は
【東京都立晴海総合高等学校】だけでした。

学校のホームページには書かれていないだけで
他の高校にもある可能性がある為、確定ではありません。

スポンサーリンク

この苗字はどこの?

宝福という苗字が聞きなれないので
調べてみました(*^^*)
この苗字は全国で280人しかいない
すごく少ない苗字でした!
一番多いのが北海道
次いで東京、千葉、神奈川、静岡になります。
北海道で出来た苗字らしいので
もしかしたらご両親のどちらかが北海道の方なのかもしれません。
また、東京にもある苗字で足立区で多く確認されている苗字でもあるので
ご両親のどちらかが生粋の東京生まれ東京育ちの可能性もあります!
だとしたら、北海道か東京生まれの可能性がありますね!
でも、本当に素敵な苗字なので一回見ただけでも
印象に残ります(*’ω’*)
[ad]

まとめ

今回はさだまさきさんを研究しまくって
論文まで書き上げてしまった天才高校生
宝福了悌くんについて調べました!

日本語について知りたいという気持ちで
調べつくしていく集中力がすごいです!
努力家さんなんでしょうね(*’ω’*)

最後まで読んでいただきありがとうございました♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました