非常食にもなるお菓子!コンビニでも買える代用非常食は?どれくらいあるといい?

こんにちは、ちび助です(*’ω’*)
最近色んな場所で地震が起こっていて
防災マップなどの危険度も上がってきました。

私自身、備蓄をしたことがないので
もし、今地震になったら何が非常食になるのか
気になったのでコンビニなどで買えるお菓子や食品で
非常食になるものをまとめました!

そして、どれくらいの量があるといいのかも調べました!

そもそも非常食とは??

一般的な非常食と言えば
乾パンのような日持ちするようなもの
アルファ米というお米を使ったものなどが一般的です。

スーパーで売っていることもありますが、
アウトドア用品店やロフト・東急ハンズなどの
大型雑貨店にもあります(*’ω’*)
ネット販売されているものも多いので量を買う場合は
そちらもおススメです。

代用できるお菓子は?

コンビニに売っているお菓子で
日持ちする期間が長いものをまとめていきます♪

・ハーベスト ・羊羹
・ビスコ   ・クラッカー
・カロリーメイト ・Mary
・飴
などは日持ちもするので
非常食の代わりとして常備しておくといいです!
また、震災などがあったときに
栄養素が上手く取れないなどの可能性があります。

そんな部分をカバーできるように
カロリーメイトやプロテインバーなども
おすすめです。

また、糖分を補給できるように
羊羹などは重宝します(*’ω’*)
山登りをされる方も
羊羹や飴などを持っていることが多いです!

スポンサーリンク

コンビニで買えるお菓子以外の非常食

お菓子以外でも非常食になるものはあります。
買っておくといいものをまとめます!

・カップ麺 ・野菜ジュース
・ドライフルーツ ・ナッツ類
・缶詰 ・水 ・お茶

カップ麺などはお湯を注いでできる簡単なご飯です。
もちろん、災害時はお湯を沸かすことが難しい場合も
ありますが買っておいて損はないです(*’ω’*)

あとは、乾麺なども使えます!
うどん、そうめん、そば、パスタ麺なども
あるだけでバリエーション豊富に食事ができるので
飽きることがないです。

一番お手軽なのは缶詰です。
鯖缶、焼き鳥など味も豊富で開けてそのまま
食べれるのも魅力的です!

水やお茶は非常食として常備するのが
定番ですが、野菜ジュースなど
なかなか栄養素を摂取できない時には
重宝する飲みものです!

災害時は気持ちが不安定になるので
少しでも食べなれたものや飲み慣れたものを
もっておくと安心したり、リラックスできるので
コーヒーや紅茶などもおススメです。

スポンサーリンク

どれくらいの量を準備しておくといい?

非常食をどれくらい用意しておくといいのか?
目安が分からないので調べてみました(‘Д’)

最低限必要な日数は3日分と言われています。
これは災害時にライフラインが回復する目安期間と言われてます。
その為、最低3日分、余裕がある場合は1週間分あるといいです。

3日分の非常食の目安
アルファ米…5つ
レトルト食品…8つ
缶詰…3つ
お菓子などの甘味…6つ
飲料水…9リットル
ぐらいといわれています!
何よりも大切になってくるのが水で
飲み水以外にも生活用水やレトルトを温めたりなど
様々な場面で活躍するので多くあって損はありません。

他に用意できるなら

他にもおいておけるなら
ラップや懐中電灯、カセットコンロ
紙皿、紙コップなどあると便利です!
コンビニの袋などもあると、何かと便利です♪

スポンサーリンク

まとめ

今回はコンビニで買える非常食について
まとめていきました!

何よりも地震が多い日本で
自分の身を守るには何がいるのか
改めて見直すきっかけになりました。

少しでも役に立ったなら嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました