【2021年の恵方は?!】恵方の始まりや食べ方のポイントで楽しく開運♪

トレンド

こんにちは、ちび助です。

毎年サラダ巻の恵方巻を

もぐもぐ食べながら

節分を過ごしています。

節分の方角は毎年近くなって

ポスターで見るというのがお決まりでしたが

果たして恵方っていつ決まっているのか

気になったので調べてみました!

2021年の恵方は【南南東】

今年の恵方は南南東になります。

そして恵方とは?

歳徳神(としとくじん)という神様が

いる方角でその年の縁起のいい方角のことです!

 

毎回恵方っていうのが方角のことって

すぐにちび助は結びつかなかったので

恵方巻食べる方角ってどっち?って

聞いていました。

 

この恵方は毎年変わりますが

実は4つの方角しかありません。

東北東・西南西・南南東・北北西

これは十干(じっかん)というもので

決まります。

 

十干とは?

甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸の

10個の文字の集合体を

まとめた呼び名です。

 

そしてこの十干によって恵方が決まります。

甲・己➝東北東

乙・庚➝西南西

丙・辛・戊・癸➝南南東

丁・壬➝北北西

と決まっています。

 

西暦の●●を見れば恵方がわかる!

恵方を調べる時に簡単なのは

西暦の一番最後の数字を見ることです。

例えば西暦2021年最後の数字は1です。

最後の数字別恵方はこちらです。

0・5➝西南西

1・3・6・8➝南南東

2・7➝北北西

4・9➝東南東

という風に決まっています。

なので恵方を調べるときは

最後の数字を見るだけで分かるようになります。

 

どうして恵方巻を食べるのか?

節分に恵方巻を食べるようになったのは

江戸時代から明治時代にかけて大阪の花街で

始まったといわれています。

 

節分という昔のお正月に食べることで

福を呼び込んで商売繁盛を願ったといわれています。

 

発祥が花街なので

芸子さんたちが芸子遊びをしながら

恵方巻を食べつつ自身の商売繁盛を

願っていたとすると不思議な感じがします。

 

そして恵方巻の具ですが

7種類の具を入れた太巻きが代表的です。

この中の7つは七福神に由来してるともいわれています。

・かんぴょう

・きゅうり(かいわれやレタスも可)

・伊達巻(卵焼きやだし巻きも可)

・うなぎ(アナゴでも可)

・桜でんぷん

・椎茸煮

これが基本の具になりますが

最近では様々な中身のものも増えています。

 

海鮮がたくさん入った贅沢盛りのようなものや

ちび助の好きなカニカマ入りのサラダ巻など

今では沢山の種類の恵方巻が出ています。

 

しかし、これが元祖恵方巻です!というものは

最近あまり見かけなくなっていますが、

食べやすく、自分にとっておいしそうという

恵方巻を見つけて下さい。

 

恵方巻を正しく食べて運気UP!

気になる食べ方ってどうなの?と

思っていた皆様お待たせしました!

 

楽しく食べる恵方巻の食べ方。

1、恵方を向く

その年の縁起のいい方角にしっかり

体ごと向けます。

 

2、無言で食べる

食べているときは無言で

叶えたい願い事を思いながら

最後まで食べます。

 

3、恵方巻は食べ始めたら一気に食べる

福を一気に呼び寄せるために食べて、何かを

間に食べるという食べ方ではなく

太巻きを一気に全部食べましょう。

 

これで一気に運を呼び寄せましょう!

 

まとめ

恵方巻の時期になると

なんとなくソワソワしたり

今年は何の恵方巻を食べようかなと

ちび助はワクワクするので

そんな方に少しでもお伝え出来たら

嬉しいです!

 

今回も最後まで読んでいただき、

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました